呟き(ずっと仮題)

Project 誕生祝

数日前のことだ。


突然、同期の一人が言い出した。
「明日あいつの誕生日だから、お祝いしようぜ」


私は当然同意する。
自分の誕生日も祝ってもらったし、他人の誕生日を祝うのは楽しい。そして、何より彼女の誕生日を心から祝いたいのだ。


「じゃあ、23時半に俺の家集合で」


ー23時・・・?
私は当然、なぜそんな時間に集合なのかと尋ねる。


「俺が22時まで仕事なのと・・・どうせだったら、日が変わると同時に●●の家を電撃訪問しようぜ」


口が開いて塞がらない。夜中の訪問者なんて、(少なくとも私にとっては)怒りの対象以外の何者でもない。
だが、同時に、口元が緩んでくるのも感じる。なぜなら、私もそういう悪ふざけが大好きだからだ。




23時。
3人の男女が、一つところに集まった。
そう、3人。こんな馬鹿げたことに3人も集まろうとは。この会社は、そう長くないかもしれない。

「●●が、家に戻ったみたいだ。メールがきた」

スーツに花束を持ったー90年代のトレンディドラマを思い起こさせるー発起人の男が言った。

「よし行こう」

夜中には絶対食べないであろう大きさのホールケーキを持った男ー私ーが言った。こういったイベントでは、実用性よりもインパクトが大事だということぐらいは心得ている。

「よし行こう」

手にはプレゼント。自分の誕生日は洗濯層の掃除。自己犠牲精神溢れる女が言った。



プロジェクトメンバー3人(もはやこれはプロジェクトと言っていいだろう)は、冷たい風の吹く夜の街の中を抜け、目的地を目指した。





目的のマンションに到着したとき、火付け役の男が言った。

「部屋番号がわからない」










私たちー当然仕掛け人を除く二人ーは、男を罵倒した。そして、いくつかの口論を経て

「電話をかければいいじゃないか」

という当然の結論に達する。
まずは、言いだしっぺの男。

ー繋がらない

次に、女。

ー繋がらない

最後に、私。

ー発信音すら鳴らず留守番電話サービスへ。


これから導き出される結論。



電話の電源を、切られた・・・?










3人は、マンションの前で、ひとしきり途方にくれた後、男の家に戻った。

3人は、口汚い言葉で罵りあったり、計画の不備について嘆いたりすることはなかった。
ただ、静かに座っていた。無言というひびが、3人の間に横たわっていた。

プロジェクトをはじめた当初の、希望や喜びや楽しさや・・・・そういった何かよさげなものは、全てどこかに消え去っていた。




そのとき、女の携帯電話が鳴った。


ーごめん。お風呂に入ってたら、携帯の電源切れてた。








路行く人を押しのけ、跳ねとばし、3人は黒い風のように走った。
酒屋で酒宴の、その宴席のまっただ中を駈け抜け、酒宴の人たちを仰天させ、犬を蹴(け)とばし、小川を飛び越え、少しずつ上っていく月の、十倍も早く走った。
一団のサラリーマンと颯っとすれちがった瞬間、不吉な会話を小耳にはさんだ。
「いまごろは、あの女も、夢の中にいるよ。」
ああ、その女、その女のために私は、私たちは、いまこんなに走っているのだ。
その女を寝かせてはならない。
急げ。
おくれてはならぬ。
愛と誠の力を、いまこそ知らせてやるがよい。
風態なんかは、どうでもいい。
私たちの心は、いまや、ほとんど全裸体であった。
呼吸も出来ず、二度、三度、鼻から水が噴き出た。
見える。はるか向うに小さく、彼女のマンションが見える。
マンションは、月光を受けてきらきら光っている。



マンションの下で電話をかける。

ーつながった。


「私だ! あなたの同期の、私だ。あなたを祝う人々は、ここにいる!」と、かすれた声で精一ぱいに叫びながら、ついにマンションの上に昇り、友の家の玄関に齧(かじ)りついた。周辺住民は、どよめいた。あの不審者たちは誰かしら、と口々にわめいた。
同期の家の玄関は、開かれたのである。


私たちは眼に涙を浮べて言った。

「Happy Birthday to You. Happy Birthday to You...」

 彼女は、すべてを察した様子で首肯(うなず)き、フロア一ぱいに鳴り響くほど音高く私たちの右頬を殴った。殴ってから優しく微笑(ほほえ)み、

「私を殴れ。同じくらい音高く私の頬を殴れ。私はこの三日の間、たった一度だけ、ちらと君たちを疑った。生れて、はじめて君たちを疑った。君たちが私を殴ってくれなければ、私は君たちと抱擁できない。」
 私たちは腕に唸(うな)りをつけて誕生日の彼女の頬を殴った。
「ありがとう、友よ。」四人同時に言い、ひしと抱き合い、それから嬉し泣きにおいおい声を放って泣いた。

 どっと近隣住民の間に、歓声が起った。

「Happy Birthday! Happy Birthday!」

 私たちは、プレゼントを差し出したあと、ドアをそっと閉めようとした。彼女は、まごついた。佳き友は、気をきかせて教えてやった。

「君は、パジャマ姿じゃないか。早く着がえるがいい。私たちは、あなたのパジャマ姿を、皆に見られるのが、たまらなく口惜しいのだ。」

 つい、2時間前に誕生日を迎えた彼女は、ひどく赤面した。









夜のテンションでブログを書き出したら、自分の文才の無さと根気の無さに絶望して、途中からパロディになりました。
まぁ、いいや。
きっと、大して違わないからいいよ。もう。ほんと。




※この文章はきっとフィクションです。実在の人物、団体、事件などにはいっさい関係ないんじゃないかな。
[PR]
by judas121 | 2009-02-01 02:41 | 呟き
ネタにまみれた業務請負会社勤務?の日常(旧題:ユダの呟き)
by judas121
プロフィールを見る
画像一覧
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31

プロフィール

 得意な科目は『理科』・『社会』の自称社会派理系。
 理系大学院を出たにも関わらず、何を血迷ったか文系職に。
 血反吐を吐きながら、成長を続けている(と信じている)。

ブログパーツ

最新のトラックバック

ソフトバンク「予想外割」..
from SHODO(衝動)
郵便局
from 気になる言葉
ダルシムが地味に嫌われて..
from firstdul
from へい しょうタイム
ファイナルファンタジー3
from ゲーム趣味
BloggerとWord..
from マルコ式ネット白書
C言語:関数とポインタ ..
from Styling GARDEN
C言語:配列とアドレス ..
from Styling GARDEN
C言語:ポインタ - S..
from Styling GARDEN
ゼノサーガ エピソードI..
from グラフィックデザイナーのブログ

ファン

ブログジャンル

画像一覧

イラスト:まるめな